有料会員限定

8年で100超の物件竣工へ 不動産開発軸に財閥系を猛追 【3003】ヒューリック

印刷
A
A

10期連続で最高益更新中。自社開発で29年までに100件超の竣工を目指す。

1957年に旧富士銀行の店舗ビル管理から出発。現在は都心部の駅近接ビル中心に好物件を所有する

不動産大手のヒューリックが勢いづいている。「コロナ禍でのマイナスをはね返す高いパフォーマンスを発揮できた」。吉留学社長は前2021年12月期の業績をそう総括した。売上高4470億7700万円(前期比31.6%増)、営業利益1145億0700万円(同13.8%増)と高い伸びを見せ、営業利益以下は10期連続で過去最高を更新した。

ヒューリックは不動産の賃貸と売買を両輪とするが、好調なのが売買だ。21年6月には東京都江東区の日本ヒューレット・パッカード本社ビルを388億円で売却。12月にも東京都港区の赤坂スターゲートプラザを424億円で売却した。機関投資家の旺盛な不動産投資需要を捉え、営業利益に占める売却益は718億円と、前期比20%の伸びを見せた。

賃貸事業も堅調だ。都心部の好立地を厳選した物件保有が奏功し、前期末時点の空室率は0.6%(全物件平均)と低位安定。稼働が軟調なホテルを除けば、コロナ禍を蹴散らす業績だ。

今22年12月期も機関投資家の意欲が衰えず、低金利も継続するとの見立てから、営業利益は1230億円(前期比7.4%増)と連続最高益をうかがう。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内