映画業界「空前の当たり年」でも悩み多き複雑背景 動画配信サービスとの「付き合い方」は激変中

印刷
A
A

ネットフリックスなどの動画配信サービスが台頭する中、新作公開における戦略転換を図る映画会社が出てきている。

超人気作品が集まり、映画業界はまれに見る「当たり年」。しかし、動画配信などを中心に市場環境は激変しており、喜んでばかりはいられない(写真:Graphs / PIXTA)

「(今年は)映画界のビンテージイヤーで当たり年だ」

映画大手4社(東宝、東映、松竹、KADOKAWA)が集う新年記者会見において、映画配給大手・東宝の島谷能成社長は日本映画界に大きな期待を寄せた。

それもそのはず。邦画では今年、庵野秀明監督の『シン・ウルトラマン』や新海誠監督の『すずめの戸締まり』、定番アニメ『ドラゴンボール』『ワンピース』に加え、人気漫画『スラムダンク』などの劇場版公開が控えている。

業界には「喜べない異変」も

コロナの影響で2020年、2021年は上映作品が少なかった洋画も、今年は豊富。『ジュラシック・ワールド』や『ファンタスティック・ビースト』、『バズ・ライトイヤー』など人気シリーズが放映される。

「メガヒット」の目安となる興行収入100億円超えの作品が複数生まれる可能性も高く、まさに「当たり年」と形容されるにふさわしい。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内