「漫画アプリ」急成長市場の覇権をめぐる攻防戦 競争か共存か?しのぎを削る出版社とIT企業

印刷
A
A

右肩上がりの成長が続く漫画アプリ。出版社やIT企業をまじえた覇権争いで、勝ち残るのはいったいどこなのか。

カカオピッコマは、カカオトークを中心に日本に進出したが、LINEとの競争に敗れた。その後、漫画アプリを柱に急成長を遂げた(撮影:尾形文繁)

特集「漫画アプリ 戦国時代」の他の記事を読む

今年6月、ある企業が香港系投資ファンドを引受先とする第三者割当増資で600億円を調達した。その企業の名はカカオピッコマ。韓国カカオの日本法人で、漫画アプリ「ピッコマ」を柱に急成長しているIT企業である。

2021年1~6月に国内の未上場ベンチャーが調達した最大額は156億円。カカオピッコマはその4倍に当たる資金を調達したことになる。

資金調達完了時の企業価値は8000億円超。これは現在、国内ベンチャーでトップとされるAI(人工知能)開発のプリファードネットワークスの3517億円を優に越す。これほどまでに漫画アプリの成長性が評価されるのはなぜか。

漫画アプリならではの強み

今、漫画市場がアツい――。

出版科学研究所の調査によれば、コミックの販売額は1995年の5864億円をピークに下降の一途をたどってきた。だが、2020年は『鬼滅の刃』の驚異的大ヒットもあり、6126億円まで回復するなど、1978年の統計開始以来最大の規模となった。

単行本やコミック誌が伸び悩む中、市場を牽引するのが電子コミックだ。その中で、ひときわ存在感を増しているのが「漫画アプリ」である。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内