韓台中のTPP加盟申請をどのように評価するか 日韓の有識者に聞く、加盟申請の意義と課題

印刷
A
A

2021年にCPTPPへの加盟申請を相次いで決めた韓国、台湾、中国。3カ国のTPP加盟は何をもたらすのか。日韓の有識者に聞いた。

韓国や台湾、中国がTPPに加盟すれば、日本も影響を免れない。写真は2021年11月、東京で撮影(写真:AFP=時事)

特集「転機のTPP」の他の記事を読む

日本を取り巻く貿易体制が激動の時期を迎えている。
2021年に入り、まず9月に中国と台湾がCPTPP(環太平洋パートナーシップに関する包括的および先進的な協定)に加盟を表明。同年12月には韓国も加盟申請を発表した。
いずれの国も日本との関係の深い主要貿易相手国で、加盟のゆくえ次第では日本経済のみならず、日本外交にも影響を与えそうだ。
3カ国の加盟申請をどう受け止めるべきか。韓国がTPPへ加盟申請をしたことの意義を中心に、通商問題に詳しい日韓両国の専門家に聞いた。

ルール決めに参画、中国への配慮は減退

亜細亜大学アジア研究所/奥田聡教授

――韓国は2000年代から2国間のFTA(自由貿易協定)を積極的に推進し、「FTA大国」と評価されていました。

日本以上の速いペースでFTA締結を進めた一方で、2010年ごろから韓国は、多国間で構成される「メガFTA」に関心を持ち続けてきた。それは、貿易の「ルール決め」に韓国も参画したいという思いからだ。

輸出立国の韓国にとって少しでも自国に有利になるようなルールは必要だが、この点では力不足、役不足だ。とはいえ、不利な条件では国家の死活に関わるという現実はある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内