台湾TPP加盟申請で問われる「岸田新政権」の手腕 中国が先に申請したことで揺れる台湾政府

印刷
A
A

中国と台湾があい前後してTPPに加盟申請。日本は難しい舵取りを迫られている。

蔡英文総統は就任時からTPP加盟申請の準備を進めてきた(写真:AP=アフロ)

特集「緊迫 台湾情勢」の他の記事を読む

「台湾がTPPに加盟できる可能性はどれくらいか、10%以上か、20%は超えるのか」(台湾最大野党・国民党の立法委員※国会議員に相当)、「台湾はハイレベルな貿易ルールにのっとった国だ。20%よりもはるかに高いはずだ」(台湾行政院通商交渉担当官僚)

台湾政府は9月23日に環太平洋経済連携協定(TPP)への加盟申請を行ったことを発表し、台湾の立法院(国会)ではこの1週間、TPP加盟の実現可能性について、激しい議論が繰り広げられた。

通商交渉担当閣僚の鄧振中・政務委員は「今年、(TPPの)議長国である日本とは非常に緊密な関係であり、今こそ加盟すべき時がきた」と日本の役割に期待する。9月29日に行われた自民党総裁選後には、主要台湾メディアが岸田文雄氏当選の結果について「親台派の岸田氏が新総裁」「新総裁・岸田氏は台湾のTPP加盟を支持」などと相次いで報じた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内