米中対立、「台湾」が緊迫の焦点となる2つの事情 テクノロジー覇権争いと民主主義の重要なカギ

印刷
A
A

日米の共同声明で52年ぶりに明記された「台湾」をめぐる、東アジア情勢の動向に迫る。

台湾海峡では軍事的緊張が続いている(写真:©Daniel Ceng Shou-Yi/ZUMA Wire/共同通信イメージズ)

特集「緊迫 台湾情勢」の他の記事を読む

「こちらは中華民国(台湾)空軍。台湾西南空域を高度6000メートルで飛行している中共(中国共産党)軍機、われわれのADIZ(防空識別圏)に入っている。ただちに方向転換し、退去せよ」

台湾本島とその南西にある南シナ海に浮かぶ東沙諸島(台湾が実効支配)の間の空域。ここでは連日のように中国空軍機が進入を繰り返し、台湾空軍がスクランブル発進して警告する状況が続く。台湾国防部は2020年9月から中国軍機の進入動向を発表しており、2021年4月までの8カ月近くで延べ400機以上を超え、4月12日には25機という最大規模の進入もあった。

増えるアメリカの台湾関与

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内