帝人、「異色キャリア」の新社長が誕生する理由 社長交代は8年ぶり、新トップが直面する課題

拡大
縮小

8年ぶりの社長交代を行う帝人。新社長に就く内川哲茂氏はどんな人物なのか。その特異なキャリアから見えてくるのは“柔軟性”だ。

2022年4月に社長に就任する内川哲茂氏は、1990年の入社以来、一貫してマテリアル畑を歩んできた(撮影:今井康一)

“傍系”からトップの座へ―。

化学メーカー大手の帝人は2021年12月23日、8年ぶりに社長交代を行うと発表した。

2022年4月1日付で、現社長の鈴木純氏(63)が代表権のない会長になり、取締役常務執行役員の内川哲茂氏(55)が新社長に就く。

発表会見に臨んだ鈴木社長は人選について、国内外の有識者で構成するアドバイザリー・ボードの推薦を決め手に挙げたうえで、「(内川氏は)過去にとらわれず、論理的に実行できる力がある。新しいものを創出する局面、大きな変革を実行する局面では、この力が不可欠で最も重要だ」と強調した。

並んで登壇した内川氏は「帝人の有形無形の資産を受け継ぎ、私の色を加えながら未来をつくっていきたい」「私はどっしり構えるタイプではない。何かを始めるのもやめるのも、方向転換さえも軽やかにできる企業風土をつくるのが私の色」と抱負を語った。

内川氏の特異なキャリア

次ページ工場閉鎖という難しい課題にも取り組む
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内