有料会員限定

人類の未来は中国の人質に 習近平の気候ハイジャック

印刷
A
A

英グラスゴーで開かれたCOP26(国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議)における最大の失望は、広く支持されていた石炭火力発電の「フェーズアウト(段階的廃止)」案が土壇場で弱められたことだ。廃止に反発する中国にインドが味方し、成果文書の文言が採択直前に「フェーズダウン(段階的削減)」に書き換えられた。「フェーズダウン」などというおかしな英語を、私は決して口にしたり書いたりはしない。説得力がまるで感じられない言葉だからだ。例えばアルコール依存症の人間が酒量の「フェーズダウン」を誓ったとしよう。酒量が減らないのは目に見えている。

中国の石炭消費量は世界の半分を超え、建設中の石炭火力発電所の発電能力でも世界トップにある。中国はなぜ気候対策をもっと強化しようとしないのか。COP26でそう詰め寄られた中国の首席交渉官は、中国共産党の現5カ年計画を持ち出して「段階的削減」の立場を押し通した。

つまり人類の未来は、今や中国共産党の計画に左右されるようになったのである。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内