トップ10に日本勢は3社だけ、テレビ王者の勢力図 世界市場で際立つサムスンとLGの存在感

印刷
A
A

巣ごもり、五輪の特需に沸いたテレビメーカー。宴が終わりを迎えた今、縮小必至の市場で厳しい戦いを迫られている。

世界のテレビ市場で日本メーカーの存在感が薄れる中、ソニーは奮闘するものの、1位と2位は韓国勢が独占している(編集部撮影)

特集「テレビメーカー 最後の宴」の他の記事を読む

コロナ禍での巣ごもりに五輪開催と追い風が吹き、久々に活況を呈したテレビ市場。国内のテレビ出荷台数は2020年4月から2021年6月まで、15カ月連続で前年同月を上回った(電子情報技術産業協会調べ)。

世界中のメーカーのブランドが並ぶ都内の家電量販店などで存在感を放つのは、「ブラビア」を展開するソニー。イギリスの調査会社・オムディアのデータによると、2020年の国内のテレビ販売における売上金額ベースでのシェアは26.8%と、2位のパナソニックや3位のシャープを押さえて首位に立つ。

ところが世界市場に目を向けると、その顔ぶれは一変する。

2020年の世界のテレビ市場のシェアトップは、韓国のサムスン電子。次いでLGエレクトロニクス、ソニーは3位と、世界シェアの約5割をサムスンとLGで独占する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内