サイバーセキュリティーの大問題 あなたの会社も狙われる!

印刷
A
A

国内外の企業に対するサイバー攻撃は後を絶たない。いざというときの備えを怠ると痛い目に遭う。

写真:誰とも知れぬ人たちが企業のデータに入り込もうとしている

「重要性は理解しているが、何から手をつければいいのか」「収益を生み出す領域ではないため、リソースを割くのが後回しになっている」。サイバーセキュリティーについて話を聞くと、企業の幹部や経営者からこんな声が聞かれる。

だが、対策を後回しにすると痛い目に遭う。危機は現実に、目の前に迫っているからだ。日本の企業や組織を標的にしたサイバー攻撃はここ数年、非常に多く報告されている。警察庁などの資料によれば、企業などへの不正アクセスの認知件数は2019年に前年比で倍増。20年も高水準だ。

一方、偽装されたURLにアクセスさせ個人情報を抜き取ろうとする「フィッシング」は19年、20年と届け出件数が急増している。これは個人への攻撃だが、企業においても社員の不注意からコンピューターウイルスへの感染を引き起こすなどのケースは多い。

特集「サイバーセキュリティーの大問題」の他の記事を読む

日本企業の意識は低い

脅威が増す背景には、新型コロナウイルスの感染拡大でリモートワークやDX(デジタルトランスフォーメーション)が急激に普及したことが挙げられる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内