サイバー攻撃で狼狽 企業が陥りやすい失敗 もしもあなたの企業が脅されたら

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小

有事の対応を誤ると取り返しのつかない事態になる。適切な判断を下すためにはどんな備えが必要か。

「おたくのサービス利用者の個人情報リストを窃取した。これをダークウェブ(闇の取引市場)に流出させられたくなければ、10日以内に“身代金”を支払え」。サイバー攻撃者からの連絡は、ある日突然やってくる。サイバーセキュリティーにおけるインシデント(事業継続に影響を与えかねない事件)は、どんな企業・組織にも起こりうる。コンピューターやネットワークと無縁の組織はもはや存在しないためだ。

加えてここ数年、マーケティングやサービス開発のために顧客情報を収集しビッグデータを構築する企業が増えている。攻撃者からすれば、「どの家に入っても、それなりの身代金が取れる“お宝”がある」という状態なのだ。

インシデント対応を誤れば、その企業への社会的信頼は失墜しかねない。外部からの攻撃がわかったときの対応は社長以下の経営陣、法務・人事・広報などの管理部門、サービスの開発・運用を行う事業部門、さらに外部専門家までを動員する総力戦となる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内