「第3のビール」は増税に ビール各社が描く皮算用

印刷
A
A

10月から第3のビールは増税となった。

各社が発売する高価格帯チューハイ

ビール1缶(350ミリリットル)が220円(税込み)の場合、価格の約3分の1は酒税が占める──。

10月1日から酒税の税率が変わった。日本酒は減税となるが、ワインは増税となるなど、今回の酒税改正は増減が入り乱れている。その中でも税額が大きく変わったのがビール類だ。

ビールは350ミリリットル当たり77円から70円に減税された一方、ビール風味でありながら1缶157円(税込み)ほどの新ジャンル(第3のビール)は28円から37.8円へ増税となった。発泡酒は46.99円のまま据え置かれた。

これまでビール業界はドイツや米国などと比較して税率が高いと訴えてきた。業界の悲願であったビール減税が今回、一歩進んだ格好だ。今後も2023年10月と26年10月に、ビール減税と新ジャンル増税が待ち受ける。26年10月には発泡酒も増税となり、最終的にビール類の酒税は54.25円に一本化される。

今回の酒税改正は18年に決まった。財務省主税局の担当者は、「ビール類は同じような飲まれ方をしているのに税率が異なることで、その税率差を狙った商品開発が行われてきた。この現状を改め、課税の公平性を回復させる」と話す。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内