ディズニーリゾートが再開 残る課題は「収益多角化」

印刷
A
A

4カ月ぶりの2大パーク営業再開にこぎ着けたが、課題も残る。

7月1日からの営業再開に、SNSにはファンの喜びの声があふれた。写真は2月の休園時(時事)

「営業しているってだけで元気もらえる」「心に光をくれる」

平日の日中にもかかわらず、SNS(交流サイト)はファンたちによる歓喜の投稿であふれかえった。

国内テーマパーク運営最大手のオリエンタルランドは、新型コロナウイルスの影響で約4カ月にわたって臨時休園していた東京ディズニーランドと東京ディズニーシーを7月1日から再開すると発表した。

業界団体が策定した感染拡大予防のガイドラインに沿い、チケットは1日当たりの数を通常の半分以下に制限して販売する。2020年3月期の1日平均の入園者数は約8万8000人だったため、再開後の入園者数は多くても1日当たり4万人程度ということになる。

6月25日15時から開始したチケットの販売はオンラインに限定。周辺の公共交通機関や入り口での社会的距離を確保するため、8時以降入園(8200円)の通常チケットに加え、11時以降入園(7300円)、14時以降入園(6300円)のチケットも用意した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内