全日空「A380」ハワイ就航の勝算とリスク 巨大機をひっさげて日本航空の牙城に攻め込んだ

印刷
A
A

世界最大の旅客機を導入し、日本航空の牙城に攻め込む。その行方は──。

初便就航日に出発準備が整い、スタッフたちに見送られるANAのA380。7月からは2機体制になる(©Aviation Wire)

5月24日金曜夜、機体一面にウミガメの絵が描かれた巨大な旅客機が、500人以上もの乗客を乗せて成田国際空港を飛び立った。ANAホールディングス(HD)傘下の全日本空輸(ANA)がこの日、成田─ハワイ・ホノルル路線に導入した「A380」型機だ。欧エアバス製の世界最大の総2階建て旅客機で、日本の航空会社では初の就航となった。

「A380の反響は非常に大きく、多くの方々から『早く乗りたい』という声を頂戴している。この機材で新たな体験をしてもらい、ANAのファンを増やしたい」。ANAの平子裕志社長は成田空港での就航式典後、集まった報道陣を前に笑顔で話した。

A380初便就航日は搭乗口で式典が開かれ、フラダンスなどが披露された(©Aviation Wire)

ANAが運航する日本発のハワイ路線は週21便(成田発14便、羽田発7便)。これまでの使用機材は米ボーイングの「787-9」型機(246席)だったが、成田発の週3便をA380に変更した。同機を計3機導入し、すべて成田─ホノルル間で使用する。7月以降は2機体制で運航を週10便に拡大。2020年度中には3号機も加わる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内