有料会員限定

今年のGWは8900円! 好調USJ、強気値上げの勝算 日本のアニメが起爆剤 リピーター生む戦略

印刷
A
A

入場者数は右肩上がり。任天堂の大型アトラクション建設も進む。

冬期の平日にもかかわらず、来場者でにぎわう大阪のUSJ。中国などからの訪日観光客も多い(撮影:今井康一)

「俺はルパン三世、こっちは次元大介。あれ~、銭形のとっつぁん先回りしてやがる。それじゃお客さん、しばらく付き合ってもらうぜ」

VR(仮想現実)ゴーグルに映し出される、人気アニメ『ルパン三世』のカーチェイス。映像に合わせて乗り物が動き、乗客はアニメの世界に引き込まれていく。大阪市の此花(このはな)西部臨海地区にあるユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で、1月18日から始まった期間限定イベント「ユニバーサル・クールジャパン」のワンシーンだ。

イベントに合わせて園内のレストランでは、ルパンの大好物のミートボールスパゲティを再現。逃走中のルパンが食事中に目の前に現れ、記念撮影できる演出もある。売店には次元の帽子など関連グッズが並び、それを身に着けて園内を歩く来場者も目についた。

日本の人気アニメやゲームなどをテーマにしたUSJの「クールジャパン」イベントは今年で5年目を迎える。今回は6月までルパンと『名探偵コナン』、5月末から8月まで『進撃の巨人』や『ゴジラ』、『エヴァンゲリオン』、『美少女戦士セーラームーン』のイベントやアトラクションを予定している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内