JTの反撃宣言で始まった「加熱式たばこ」の大激戦 プルーム・テックは「勝負の年になる」

印刷
A
A

加熱式は唯一の成長領域。王者アイコスの牙城を崩せるか。

販売店の店頭には、加熱式たばこのポスターやのぼりが並ぶ。

3月上旬、東京都内の大型商業ビルの喫煙所。スーツ姿の若いサラリーマンがかばんから加熱式たばこの「IQOS(アイコス)」を取り出し、吸う準備をしていたところ、黒いジャンパーを着た男性が近づいてきた。

「アイコスを吸う前に、“こちら”を少し試していただけませんか?」──。男性は日本たばこ産業(JT)の販売促進スタッフで、薦めていたのは1月末に発売された加熱式たばこ「ploom TECH(プルーム・テック)」の新製品だ。男性スタッフはサラリーマンに製品を手渡し、熱心に説明を始めた。

国内の加熱式たばこ市場は、米フィリップ モリス インターナショナル(PMI)の「アイコス」と、英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)の「glo(グロー)」、JTの「プルーム・テック」が競っている。シェアはPMIが約9割と断トツ(英調査会社・ユーロモニター調べ)。残りの1割をBATとJTが分け合っており、JTは新製品の販売促進に力が入る。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内