有料会員限定

RIZAPがプロ経営者招聘 目指すは「会社の肉体改造」

印刷
A
A

経営のプロ、松本晃・カルビー前会長がRIZAPグループのCOOに。30歳年下の創業社長との異色タッグで、成長にコミットする。

(本誌:石阪友貴)
(写真:創業者の瀬戸氏(右)が、松本氏(左)を熱心に口説いて招聘した)

「たいへん楽しく、9年やらせていただいた。ここがいい一区切りだ」──。スナック菓子国内最大手、カルビーの会長兼CEO(最高経営責任者)だった松本晃氏(71)が会見を開き、自身の退任を発表したのは今年3月のこと。経営手腕が高く評価されていたトップの退任に株式市場は動揺し、カルビーの株価は一時10%近くも下落した。

伊藤忠商事でキャリアをスタートさせた松本氏は、米医療機器メーカーのジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の日本法人社長を務めた後、カルビーの創業家に請われて2009年、同社トップに就任。主力のスナック菓子で国内シェアを大幅に高める一方、シリアルを新たな収益柱に育て、業績を大きく拡大させた。

退任発表後、松本氏の元には20近くの企業から社長就任オファーが殺到したが、その中から選んだのは意外な企業だった。芸能人のダイエット体験CMで有名な、あのRIZAPグループだ。

買収駆使し業容を拡大 急成長の裏に危うさも

同グループは、社長の瀬戸健氏(40)が03年に創業。当初は健康食品や美容機器の通販会社だったが、12年に始めた、専門トレーナーが「結果にコミットする(成果を出すことを約束する)」マンツーマンのダイエットジム(ボディメイク)事業が大当たりし、一躍有名になった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内