有料会員限定

満足な介護はケアマネ選びが重要 これだけかかる介護のおカネ

印刷
A
A


複雑な介護保険制度。ケアマネジャーとの連携がカギだ。

イラスト:河南好美

特集「定年後おカネ大全」の他の記事を読む

「介護費用はどれくらいかかるのか?」「どれくらい準備しておけば安心なのか?」といった質問は筆者のもとに非常に多く寄せられる。

それだけ親や自分が要介護状態になった場合の費用負担は、シニアにとって心配事なのだろう。

介護費用についてまず知っておきたいのは、介護を行う場所が在宅か施設か、あるいは対象者の要介護度や認知症の進行度合いによって大きく変わるという点だ。

生命保険文化センターが介護経験者に行った調査によると、介護期間は平均59.1カ月(4年11カ月)。介護に要した費用は、住宅改修や介護用ベッドの購入など一時費用が平均80.3万円、毎月の費用が平均7.9万円となっている。

これらの平均値で試算すると、介護費用の総額は約547万円。しかし同じ介護期間であっても、介護をする場所が自宅の場合、総額は約349万円(一時費用83.3万円、毎月の費用4.5万円)。なんと200万円近くも割安になる。

一方で、民間の有料老人ホームなどの場合、総額約963万円(一時費用141.5万円、毎月の費用13.9万円)と、自宅の3倍近い費用がかかってしまう(下図上)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
定年後おカネ大全
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内