有料会員限定

AI万能論のわなにはまらない(7) 数学的言語を使う世界の基礎を知る

印刷
A
A

コンピュータは意味を理解することができない。AI(人工知能)といっても、それはコンピュータ、すなわち計算機にすぎない。計算機にできることは四則演算(正確には足し算と掛け算)だけだ。さらに数学的言語で処理できるのは論理、確率、統計だけである。それだから、AIが人間の力を借りずに自分自身の能力よりも高いAIを作り出すようなシンギュラリティ(技術的特異点)は、量子コンピュータが登場しても非ノイマン型コンピュータが登場してもやってこない。とはいえ、考える力が人間にあるかぎりAIを怖がる必要はない、と結論づけるのは早計だ。

AIが人間の仕事のすべてを奪ってしまうことはないとしても、AIと競合する分野では人間の仕事の多くがAIに代替される状況が近未来に迫っている。

国立情報学研究所の新井紀子教授は、英オックスフォード大学の研究チームが2013年に発表した「AI化によって10~20年後になくなる仕事」として以下のものを挙げる。上位20を記しておく。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内