有料会員限定

復活した旧カネボウ2社 解散から10年

印刷
A
A

花王が買収した化粧品以外の旧カネボウ事業は着実に再生している。

花王がカネボウから買収したのは化粧品部門のみ。その再生には今なお苦心しているが、実は化粧品以外の旧カネボウ事業は復活を果たしている。

カネボウの粉飾決算が発覚し、解散してから10年。かつて「ペンタゴン経営」と称賛されたカネボウの主力5事業は切り売りされ、現在はすべてほかの会社の傘下にある。

特集「花王、待ったなしの"化粧品"改革」の他の記事を読む

祖業の繊維は北陸の名門繊維企業セーレンが買収。「余り物」と呼ばれた日用品・薬品・食品の3事業はクラシエが担っている。

「10年かけてやっと普通の会社になることができた」。そう苦難の歴史を振り返るのは、今年1月に社長に就任したクラシエホールディングスの岩倉昌弘氏だ。

再建当初、大株主は投資ファンドで、いつ身売りされるかわからなかった。カネボウの社名を使うことができず、取引先からも相手にされない。不安で退職する社員も続出した。当時、日用品事業のトップだった岩倉氏は前社長の石橋康哉氏(現副会長)とともに、カネボウの経営を反面教師にして再建に奔走した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内