有料会員限定

態勢整わず変革敢行、試されるポピュリズム メイ首相のEU離脱方針に最高裁が「待った」

印刷
A
A
メイ英首相(写真左)と会談したトランプ米大統領。大衆の不満を背負っての登板だが課題は山積だ(AP/アフロ )

1月17日、英国ではメイ首相がEU(欧州連合)離脱の具体的方針を発表し、20日、米国ではトランプ大統領が誕生した。

とはいえ事態は直線的には進まない。英国では24日に最高裁判所がEU離脱について議会の承認が必要であるとの判断を下し、政権に歯止めをかけた。米国でもトランプ大統領は、大統領令を次々と発して政策転換を図ってはいるものの、その実効性は不明であり、議会がこれに協力するかはまだ見通せない。

今筆者の滞在する英国では、書店へ行くと「Brexit、その後」といった本が平積みになっている。社会が徐々に離脱に向かって動きだしている気配が濃厚である。新聞の論調でも、メイ首相の演説の翌日、左翼系のガーディアンはまったく否定的だが、保守系のタイムズは「よくぞ言った」とばかりの論調が1面に掲載され、フィナンシャル・タイムズは、慎重ながらポンド高となった状況をにらみつつ、経済の先行きが悪くなるとは限らないといった論調である。こぞって反対というわけではないのである。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内