有料会員限定

反転攻勢のルネサスは巨大連合に勝てるのか リストラ効果で売り上げ縮小でも利益は浮上

印刷
A
A

構造改革が一巡したルネサスだが、ライバルも相次ぐ買収で巨大化している。

市場成長の2倍のペースで売り上げを伸ばすことを、新たな目標として掲げている

今年1月上旬、米国で開催された家電見本市「CES」。話題をさらったのは、自動車用半導体大手・ルネサスエレクトロニクスが発表した、「完全自動運転」の試作車だった。

試作車は北米のソフト開発会社や大学との共同開発で、米フォード・モーターの高級車「リンカーン」をベースにしたものだ。会場に設置されたテストコースでは信号機や道路標識を認識し、ほかの自動車を避けて走行。実際に客を乗せて、運転手なしで300メートルほどを走り切った。

自動運転は、2016年11月に策定した中期経営計画で、ルネサスが定めた注力分野だ。車の周囲の状況の「認識」から、それに対してどう行動するべきかの「判断」、走る・曲がる・止まるといった「制御」まで、幅広い半導体をすべて自社製品で賄える。この強みを生かしてシェア拡大を狙う目算だ。

昨年9月には、半導体受託製造世界最大手の台湾TSMCと、基幹部品の最先端マイコンを共同開発すると発表。ルネサスは自動車用マイコンで最先端のメーカーだ。「現時点で他社より2年ほど先行している」(大村隆司執行役員常務)が、次世代エコカーや自動運転時代の到来に向けて、他社をさらに引き離す構えだ。17年には共同開発した製品のサンプル出荷を開始し、20年から量産する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内