有料会員限定

過去の成功を否定せよ 淘汰はもう目の前だ [INTERVIEW]ニトリHD・似鳥昭雄会長

✎ 1〜 ✎ 22 ✎ 23 ✎ 24 ✎ 最新
拡大
縮小

家具店を製造業に変えた革命児

家具・インテリア用品国内最大手のニトリホールディングスは、地方郊外の出店だけでなく都心部への出店にも積極的だ。似鳥昭雄会長に今後の流通業の展望を聞いた。

にとり・あきお●1944年生まれ。北海学園大学卒業。67年「似鳥家具店」を札幌で創業。全国トップの家具インテリア製造小売りチェーンに成長させた。製造物流小売業としての独自のビジネスモデルを構築した。(撮影:尾形文繁)

特集「2017年注目の企業とトップ」の他の記事を読む

──銀座や新宿など都心部への出店を加速しています。

2016年4月にプランタン銀座店(17年1月からマロニエゲート銀座に名称変更)がオープンした。平均価格帯を上げておしゃれでセンスのある店を作って、利益が取れなくてもよいと最初は考えていた。

だが、想像以上に売れて、家賃が高くても採算が合うことがわかった。都心が空白地帯であったから、どんどん出店しようと考えを変えた。16年12月には新宿タカシマヤに出店した。オープンしてから4日間で8.5万人も来店した。やはり東京はすごい所だ。年齢構成は20〜30代がいちばん多い。郊外は40代以降が半数以上だから既存郊外店とは異なる客層の人たちが店に来てくれている。

都心に出ていくことは17年の大きなテーマとなっていく。われわれにとっては所得水準の高い中価格帯の客層を充実させていきたい。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
2017年注目の企業とトップ
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内