有料会員限定

参院選でカギを握る「1人区」 与野党とも過半数をめぐる攻防

印刷
A
A

いよいよ選挙戦がスタートする。参議院選挙が6月22日に公示され、7月10日に投開票が行われる。消費増税の先送りに絡むアベノミクスの評価、社会保障のあり方、安全保障法制と憲法改正問題など、争点は多岐にわたる。安倍晋三首相は、自民、公明両党で121の改選議席の過半数(61)を確保できるかどうかが勝敗の目安だと主張。野党側は自公の過半数阻止を目指している。攻防の焦点は32カ所の1人区だ。その構図を見てみよう。

参院の選挙区は都道府県単位だが、定数是正によって今回から「合区」が採用され、隣り合う選挙区が統合された。鳥取、島根両県と徳島、高知両県が同じ選挙区になる。選挙区は45となり、そのうち1人区は32だ。与党の候補はすべて自民党公認。野党は32の全選挙区で民進、共産、社民、生活の4党が候補者を一本化する。当初野党共闘は簡単ではないとみられていたが、共産党が独自候補を降ろして野党共闘に舵を切ったうえ、安保法制に反対する学生・市民団体の仲介もあって実現した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内