有料会員限定

解放軍改革は前途多難 軍を信用できない習近平

✎ 1〜 ✎ 57 ✎ 58 ✎ 59 ✎ 最新
拡大
縮小

習近平主席が進める解放軍改革は軍へのグリップの強さを示すが、不自然な点も多く残る。そこからのぞくのは、党と軍との信頼関係の危うさだ。

2月1日、北京での戦区成立大会で軍旗を授与する習主席。戦区の詳細発表は当初予定より遅れた(新華社/アフロ)

2月1日、中国国防部は中国人民解放軍の「戦区」成立大会がこの日に行われたと発表した。

これまでの「7大軍区」に代わって、解放軍をより大ぐくりな「戦区」に分けるというものだ。もともとは2015年中に発表されるといわれていたが、だいぶずれ込んだ。しかも東西南北の4戦区に分けるといわれていたのが、ふたを開けると中部戦区を加えた五つになっていた。

中部戦区を加えたのは、指揮中枢を置く北京を共産党中央軍事委員会が掌握しやすいようにしたためだ。党中央は、改編後の戦区も信用していないのである。

地理的な区分けにも不自然さが残る。中国の報道によれば、北部戦区は、黒竜江省、吉林省、遼寧省、内モンゴル自治区および山東省から成る。このうち、山東省だけが飛び地なのだ。

効率よりも反乱対策 監視役を各戦区に配置

北京市、河北省、山西省、河南省および陝西省から成る中部戦区を新設した結果、北部戦区が分断されたものと思われる。そこまでして中部戦区を加えたのは、軍事作戦の効率よりも軍による反乱の抑止を優先したということだろう。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内