有料会員限定

歴史修正のムードに注意を 近づく明治維新150年

印刷
A
A
昨年8月、薩長土肥での観光連携で記者会見する4県の知事

今年、衆参ダブル選挙、あるいはそれより前倒しと衆議院解散が取りざたされるのは安倍晋三首相が「超長期政権」を狙っているという見立てからだ。超長期政権という目標に走らせている動機の一つに、安倍首相が自らの手で招き寄せた格好の2020年7月の東京五輪が指摘されている。

14年12月衆院選での大勝で、事実上の首相任期である衆院議員任期は18年12月まで、自民党総裁の任期は昨年9月の再選で18年9月までとなった。東京五輪開会式への出席には首相任期と総裁任期のさらなる延長、あるいは退陣後の再登板が必要となるが、側近の一人は「東京五輪の開会式を首相として安倍さんに迎えさせてあげたい」と真顔で話す。

1964年10月の東京五輪は敬愛する祖父・岸信介首相が招致に成功しながら旧日米安全保障条約改定をめぐる混乱を受けて退陣したことで開会式に臨むことはできなかった。安倍首相自身も祖父が果たせなかった晴れ舞台への出席を望んでいるとしても不思議ではない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内