有料会員限定

甘利氏辞任で浮上する 「4月解散」の仰天計画 石原氏が後任に 背後で動く思惑とは

印刷
A
A
陰謀論まで飛び出した甘利氏の金銭授受問題。東京地検特捜部も調べを進めているもよう(読売新聞/アフロ)

あまりの段取りのよさに、永田町周辺ではさまざまな憶測が飛び交っている。1月28日に突如辞任した、甘利明・前経済再生担当相の一件である。

記者会見で甘利氏が辞意を表明したのは同日の17時。約1時間の会見後、程なくして安倍晋三首相は、後任に石原伸晃氏を充てる人事を発表した。そして19時25分には、皇居で石原氏の認証式が開かれた。わずか3時間足らずの間に、安倍政権の経済の司令塔がスムーズに移行した。

その背景には何があったのか。関係者の証言をたどっていくと、政権へのダメージを最小限に抑え、反転攻勢へつなげようという、周到な計画が浮かび上がってくる。

27日の参議院本会議で、安倍首相は「経済再生やTPP(環太平洋経済連携協定)などの重要な職務に邁進してもらいたい」と、甘利氏の続投を示唆していた。が、このときすでに水面下では辞任を見据え、後任の人選を進めていたのである。

甘利氏が安倍首相に辞意を伝えたのは25日のこと。その夜、首相は塩崎恭久厚生労働相、石原氏と3人で西麻布のイタリア料理店で会食。この場で石原氏に打診し、同意を得たとみられる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内