有料会員限定

会社を潰さない国の未来 無倒産時代は喜ぶべきか?

印刷
A
A

企業倒産の減少は日本経済復活の証左だ。政権はそう喧伝する。否、実は無倒産こそが産業と経済をむしばんでいるとしたら、この国はいったいどうなるのだろう。

「この3年で、日本を覆っていた暗く重い沈滞した空気を一掃できた」。9月下旬、安倍晋三首相は自由民主党総裁に再選された直後の会見でこう語り、アベノミクスの新しいスローガン「一億総活躍社会」を打ち出した。

安倍首相が、日本経済が停滞から脱出した証左として挙げるのが、雇用の改善と賃金の上昇、そして企業倒産件数の大幅な減少だ。

確かに会社更生法など法的整理に基づく倒産は、件数・負債額とも減り続けている(図1)。今年1~10月の累計は7134件と、前年同期に比べ9.2%減。通年でも昨年を下回るのはほぼ確実で、1989年(7234件)、90年(6468件)に並ぶ水準となる。

[図1]
拡大する

特集「会社を潰さない国の未来」の他の記事を読む

直近で件数が少なかったのは2000年の6734件だが、この年はそごうや第一ホテルなど上場企業の大型破綻が相次ぎ負債額が膨らんだ。実質的には今年は25年ぶりの無倒産状況にあるといってよい。

しかし、倒産件数の少なさは本当に日本経済の力強い回復を示しているのだろうか。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内