有料会員限定

ISが追い込まれて戦略の変更を行った パリの同時多発テロをどう読み解くか

印刷
A
A
11月13日、パリ市10区のレストランが襲撃、少なくとも18人が死亡した。ISがシリアなど拠点で追い込まれ国外での活動へと戦略を変更した(AP=時事)

緊急事態が起きたときに、事柄の本質がどこにあるかをとらえることは、知の技法の応用問題としてとても重要だ。

11月13日夜(日本時間14日未明)、フランスのパリで同時多発テロ事件が発生した。16日時点で129人が死亡した。300人以上が負傷しており、その中には重体者もいるので、死者は今後増加するものとみられる。

今回の事件の基本構造は、今年1月7~9日、パリで発生した同時多発テロ事件と同じである。この事件に関しておさらいしてみよう。1月7日、フランスのパリ中心部にある週刊紙「シャルリー・エブド」本社に兄弟2人のテロリストが押し入り、12人を射殺した。2人は現場から逃走し、パリ北東ダマルタンアンゴエルの印刷会社に人質を取って立てこもった。9日、治安部隊が会社に突入し、容疑者2人を射殺した。

フランス政府筋によると、ダマルタンアンゴエルの印刷会社に立てこもっていた兄弟は死亡する前、建物から姿を現し、警察隊に向かって発砲した。死亡する直前、シェリフ・クアシ容疑者はテレビとの電話インタビューで、イエメンのアルカイダから資金援助を受けていると述べた。この事件と連動し、8日、パリ市内で女性警官を射殺し、9日にパリ東部のユダヤ人が経営する食料品店に、マリ系のアムディ・クリバリ容疑者が立てこもった。9日、治安部隊が食料品店に突入し容疑者を射殺して人質を解放したが、人質のうち4人が死亡。立てこもっている最中、クリバリはフランスのニュース専門テレビ局BFMTVの電話取材に対して、こうやり取りしている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内