有料会員限定

山口組がついに「分裂」 流動化する暴力団勢力図 六代目山口組と神戸山口組。原因はカネと人事

印刷
A
A
山口組の分裂で警察が警戒する中、離脱した山健組の施設に入る関係者(兵庫県神戸市)。

8月末、「六代目山口組」(司忍=本名・篠田建市=組長)から、13人の直系組長が蜂起・分裂し、新たに「神戸山口組」(井上邦雄=山健組=組長)を結成した。

分裂を引き起こした最大の原因はカネである。

山口組本家は通常、100人前後の直系組長から成り、司組長が毎月、直系組長たちから集める月会費が高額だった。直系組長は1人当たり月額115万円(ほかに積立金10万円)を納めるほか、半強制的にPETボトルの水や日用品を月50万~100万円分ほど買わされる。また毎年、直系組長が、中元には5000万円、歳暮には1億円を、分担して拠出している。

神戸山口組に移った直系組長によれば、毎月、山口組の本部には会費が7000万円ほど集まり、うち3000万円が司組長に渡っていたという。直系組長の本部にかかわる負担は、1人年約3000万円にも上ることになる。

が、暴力団の世界にも、“貧困”化は進んでいる。一般社会に寄生する存在だから、一般社会と同様、不況の影響をもろに受けるためだ。加えて暴力団排除条例にある、地域住民や企業による「利益供与の禁止」、金融機関による「暴力団排除条項」(暴力団員は口座を新規開設できない)などで、中堅以下の組員は経済的困窮がさらに増す。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内