有料会員限定

『ドル消滅』『〈未来〉のつくり方』 『内閣総理大臣の日本経済』など

印刷
A
A
ドル消滅 国際通貨制度の崩壊は始まっている!
ドル消滅 国際通貨制度の崩壊は始まっている!(朝日新聞出版/432ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
James Rickards●資本市場で30年を超える実務経験を持つ投資銀行家、リスク管理の専門家。米国の国防総省や謀報コミュニティ、大手ヘッジファンドなどにグローバル金融について助言しており、国防総省が初めて実施した「金融戦争ゲーム」の推進役も務めた。

SDRと金を結びつけた 新しい金本位制を提言

評者 東洋英和女学院大学教授 中岡望

本書はさまざまな経済問題を取り扱っている。その一つは国際通貨基金の特別引出権(SDR)と金を結びつけた新しい金本位制の提言である。

著者は歴史的に金本位制度を三つに区分する。第1次世界大戦までの「古典的金本位制」、その後の金本位復帰から大恐慌にいたる「金為替本位制」、第2次世界大戦後の米国を中心とする「金ドル本位制」である。そして、古典的金本位制はうまく機能していたと主張する。

金本位制に対する“三つの神話”を指摘し、それぞれを否定する。すなわち通貨供給を満たすだけの十分な金供給は存在しないという神話、金本位制が大恐慌を引き起こしたという神話、金が市場パニックを引き起こしたという神話である。大恐慌は金本位制ゆえに起こったのではなく、中央銀行の政策の失敗によって起こったとし、「金本位制は過去にうまく機能したし、今日も完全に実現可能である」と主張する。

こうした主張の背景には、基軸通貨としてのドルの信認低下がある。ドルの実質実効レートは過去最低水準にまで低下し、各国は準備資産として金の保有を増やす金争奪戦の動きを示している。また世界の外貨準備に占めるドルの比率は低下している。これらはいずれもドルの信認低下を示している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内