KDDI総研リサーチフェロー 小林雅一氏に聞く 『AIの衝撃 人工知能は人類の敵か』を書いた

印刷
A
A

AI(人工知能)への関心が高まっている。自ら学び成長するAI搭載ロボット。その進化を注視してきたウォッチャーが豊富な事例とともに描く、AIの現在と未来。

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書)
AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書)(講談社/256ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

──近年のAIの「爆発的発達」とは何だったのですか?

それは2006年、ニューラルネット、脳を構成する神経細胞ネットワークを工学的に再現したAI、が巻き起こしたブレークスルーです。それまで動作が遅く応用範囲も限定的で、単に“数学の産物”にすぎなかったAIに脳科学の最新成果が応用され、汎用性とスピードが飛躍的進化を遂げました。音声や画像を自動的に認識する能力が向上して、進化形AIの扉を開いたのです。

これを機に米大手IT企業が開発競争を加速、12年ごろに多くの画期的成果が出現しました。スマホに向かって「カナダの首相は誰?」と聞くと、「スティーブン・ハーパーです」と答えるおなじみの機能は、06年の技術革命に端を発してるわけです。

AI研究の歴史は脳の仕組みに接近しては離れるで山谷を繰り返し、現在は1950年代、80年代に次ぐ第3次ピークの真っただ中。スマホ以外でも掃除ロボットやドローン(無人飛行機)、自動運転車など身近な分野でAIの応用が進み、今度こそブームは本物と僕は見ています。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内