有料会員限定

伊藤忠の160年で最初で最後、最大のチャンス [INTERVIEW] 岡藤正広 伊藤忠商事 社長

印刷
A
A

伊藤忠商事がCITICに投じる6000億円という金額は、昨年に日本企業が中国に投資した総額をもしのぐ。まさに異次元の投資を決断した当事者を直撃した。

おかふじ・まさひろ●1949年、大阪市生まれ。74年に東京大学経済学部を卒業後、伊藤忠商事に入社。一貫して大阪で繊維の営業畑を歩む。2004年常務取締役・繊維カンパニープレジデント。09年副社長。10年から現職。(撮影:吉野純治)

特集「伊藤忠 異次元投資の真相」の他の記事を読む

──CITICと手を組む、そもそもの狙いは何でしょうか。

うちはいま総合商社で3位だけど、これは通過点にすぎない。社員や役員がもっと上の目標を持って汗をかかないと、企業は伸びない。ただ、気合いだけではダメ。具体的な目標として、伊藤忠は生活消費関連を中心にした非資源分野でナンバーワンの商社になると言ってきた。

そのマーケットは地理的に近い中国や東南アジア。特に中国は食べ物にしても着る物にしても、量から質へポイントが変わってきている。ならば日本企業ができることは大きい。そこを地元の強力なパートナーと攻める。

昨年7月に資本提携したCPグループも、東南アジアでナンバーワンの企業になりたいと考えている。彼らはタイでは稼ぎ放題のうえ、中国でも2年前に平安保険へ出資して5000億円というものすごい含み益を出している。そこにCITICというパートナーが加わるわけだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内