ワクチン接種巡るFDAの判断受けモデルナ株が急落 FDAが12~17歳接種の審査に時間要すると通知

拡大
縮小

米医薬品メーカー、モデルナの時価総額が1日、32億ドル(約3650億円)余り減少した。12歳から17歳を対象とする同社の新型コロナウイルスワクチン接種について、食品医薬品局(FDA)から緊急使用許可(EUA)を得られなかったことが背景にある。

モデルナのワクチン、12-17歳接種の審査に時間要するとFDAが通知

モデルナの10月31日の発表資料によると、FDAは接種後に心筋炎が起きるリスクについて国外の分析の検証にさらに時間をかける意向を示した。検証が年内に終わらない可能性もあるという。同社の株価終値は2.3%安の337.17ドル。

モルガン・スタンレーのアナリスト、マシュー・ハリソン氏は顧客向けリポートで、「遅れは想定外ではなかろう」とした上で、さらに低年齢の子供が対象のEUA申請時期も先送りされるだろうと分析した。12歳以上の子供の接種について5月にEUAを取得したファイザーとビオンテックに比べ、モデルナのワクチン配布はかなり出遅れることになる。

FDA、ファイザー製コロナワクチンを12-15歳に緊急使用許可 (1)

モデルナの株価は10月の下落率が10%と、月間では3月以来で最も大きくなった。米メルクの新型コロナ経口薬開発が順調に進んだことがワクチン関連株への熱狂に水を差した。ただモデルナの株価は年初来で3倍余り値上がりしており、S&P500種株価指数への採用を経て、今年のパフォーマンスは構成銘柄中トップで群を抜いている。 

原題:Moderna Slips After FDA Setback on Teenage Covid-19 Shots (1)(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Cristin Flanagan

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT