トヨタ、次世代「オーリス」を英工場で生産へ

メイ英首相にとって願ってもない後押しに

2月28日、トヨタ自動車は、乗用車「オーリス」の次世代車を英国工場で生産すると発表した。写真は2009年2月、英バーナストン工場前で撮影(2018年 ロイター/Darren Staples)

[ロンドン 28日 ロイター] - トヨタ自動車は28日、乗用車「オーリス」の次世代車を英国工場で生産すると発表した。欧州連合(EU)からの離脱を控えるメイ英首相にとって願ってもない後押しとなる。

トヨタはオーリスのハッチバックタイプの新モデルを英中部ダービーシャー州のバーナストン工場で生産する。現行モデルも同工場で生産されている。

ロイターは昨年10月、関係筋の話として、トヨタは英政府が欧州連合(EU)離脱交渉で移行期間を確保できるという想定に基づき、次世代オーリスを英国で生産する方針だと報じていた。

トヨタは将来にとって自由貿易は重要だと指摘。トヨタモーターヨーロッパのヨハン・ファン・ゼイル社長兼最高経営責任者(CEO)は「英国で生産された車の約85%が欧州市場に輸出されているため、自由で摩擦のない英国と欧州の貿易が続くことが、将来の成功にとって極めて重要になるだろう」と述べた。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。