ホームドア「取り付け」は難しいわけではない

設置までの計画や準備に長い時間が必要だが

東京メトロ東西線九段下駅で行われたホームドアの設置作業(撮影:大澤誠)

日本でもトップクラスの混雑路線として知られる東京メトロ東西線。試験目的を除けばこれまでホームドアが設置されていなかった同線で9月末、ついに取り付け工事が始まった。

最初に設置されたのは、東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄新宿線との接続駅であり、東京メトロ全体では16番目、東西線が乗り入れる駅としては5番目(2016年度)に乗降客数の多い九段下駅。9月29日の終電後、まず西船橋方面行きホームに取り付けられ、その様子はメディアに公開された。

まだドアの使用は始まっておらず、さまざまな調整を終えて稼働するのは来年2月ごろの予定だが、東西線のホームドア設置計画にとっては重要な第一歩。真新しいホームドアが据え付けられた深夜3時過ぎのホーム上で、プロジェクトを進める同社鉄道本部鉄道統括部の井上篤史・計画課長補佐は「クリアすべき難関が多かったので、感無量です」と語った。

東西線の「難関」とは?

東京メトロは今年6月、2025年度までに全9路線・全179駅へのホームドア設置計画を決定したと発表した。すでに副都心線など4路線でホームドアを完備し、ほかの路線でも設置を進めている同社だが、実はこれまで全駅への設置計画は固まっていなかった。

最後まで残っていたのは東西線だ。同線についてはこれまで、2019年度末までに優先駅6駅に設置することは公表されていたものの、全線への整備時期は未定だった。といっても、決して「放置」していたわけではない。同社によると、東西線のホームドア整備計画は5年ほど前から始まっていたという。同線の計画がラストになったのは「クリアすべき難関」があったためだ。

次ページ駅までは電車で運ぶホームドア
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT