三菱UFJ銀の小山田頭取、異例の早期退任

後任には三毛兼承副頭取が昇格

 5月23日、三菱東京UFJ銀行は、小山田隆頭取が退任し、後任に三毛兼承副頭取が昇格する人事案を固めた。写真はMUFGのロゴマーク。都内で昨年5月撮影(2017年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 23日 ロイター] - 三菱東京UFJ銀行は23日、小山田隆頭取が退任し、後任に三毛兼承副頭取が昇格する人事案を固めた。小山田頭取は、昨年4月に就任したばかりで、異例のタイミングでの退任となる。体調不良が理由とみられる。

24日に三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)<8306.T>が開く臨時取締役会で決める。

小山田氏は、MUFGの将来の社長候補と目されており、グループの経営体制が揺らぎかねない。MUFGの社長兼最高経営責任者(CEO)は、引き続き平野信行氏が務める。

三毛氏は、1979年に旧三菱銀行に入行。企画部やシステム統合推進部などを歴任。5月まで副頭取として国際部門共同部門長兼米州本部長を務めており、海外業務にも精通している。

(布施太郎、浦中大我 編集:田巻一彦)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT