三菱UFJ銀の小山田頭取、異例の早期退任

後任には三毛兼承副頭取が昇格

 5月23日、三菱東京UFJ銀行は、小山田隆頭取が退任し、後任に三毛兼承副頭取が昇格する人事案を固めた。写真はMUFGのロゴマーク。都内で昨年5月撮影(2017年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 23日 ロイター] - 三菱東京UFJ銀行は23日、小山田隆頭取が退任し、後任に三毛兼承副頭取が昇格する人事案を固めた。小山田頭取は、昨年4月に就任したばかりで、異例のタイミングでの退任となる。体調不良が理由とみられる。

24日に三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)<8306.T>が開く臨時取締役会で決める。

小山田氏は、MUFGの将来の社長候補と目されており、グループの経営体制が揺らぎかねない。MUFGの社長兼最高経営責任者(CEO)は、引き続き平野信行氏が務める。

三毛氏は、1979年に旧三菱銀行に入行。企画部やシステム統合推進部などを歴任。5月まで副頭取として国際部門共同部門長兼米州本部長を務めており、海外業務にも精通している。

(布施太郎、浦中大我 編集:田巻一彦)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT