マツダが「アクセラ」など230万台リコール

リアゲート不具合やエンジン制御などで

 9月1日、マツダは、世界で計約230万台をリコールすると明らかにした。リアゲートの不具合のほか、エンジンの制御プログラムに問題があるという。写真の車輪ロゴは4月撮影(2016年 ロイター/Dado Ruvic)

[東京 1日 ロイター] - マツダ<7261.T>は1日、世界で計約230万台をリコール(回収・無償修理)すると明らかにした。リアゲートの不具合のほか、エンジンの制御プログラムに問題があるという。

リアゲートに不具合があるのは2007―15年に生産された「アクセラ」「アテンザ」「CX-3」などで、国内で約39万5000台、海外で約180万台が対象。

また、エンジン不具合でリコールが実施されるのは14―16年生産の「デミオ」などで、国内約11万7400台が対象となる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT