マツダが「アクセラ」など230万台リコール

リアゲート不具合やエンジン制御などで

 9月1日、マツダは、世界で計約230万台をリコールすると明らかにした。リアゲートの不具合のほか、エンジンの制御プログラムに問題があるという。写真の車輪ロゴは4月撮影(2016年 ロイター/Dado Ruvic)

[東京 1日 ロイター] - マツダ<7261.T>は1日、世界で計約230万台をリコール(回収・無償修理)すると明らかにした。リアゲートの不具合のほか、エンジンの制御プログラムに問題があるという。

リアゲートに不具合があるのは2007―15年に生産された「アクセラ」「アテンザ」「CX-3」などで、国内で約39万5000台、海外で約180万台が対象。

また、エンジン不具合でリコールが実施されるのは14―16年生産の「デミオ」などで、国内約11万7400台が対象となる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。