マツダが「アクセラ」など230万台リコール

リアゲート不具合やエンジン制御などで

 9月1日、マツダは、世界で計約230万台をリコールすると明らかにした。リアゲートの不具合のほか、エンジンの制御プログラムに問題があるという。写真の車輪ロゴは4月撮影(2016年 ロイター/Dado Ruvic)

[東京 1日 ロイター] - マツダ<7261.T>は1日、世界で計約230万台をリコール(回収・無償修理)すると明らかにした。リアゲートの不具合のほか、エンジンの制御プログラムに問題があるという。

リアゲートに不具合があるのは2007―15年に生産された「アクセラ」「アテンザ」「CX-3」などで、国内で約39万5000台、海外で約180万台が対象。

また、エンジン不具合でリコールが実施されるのは14―16年生産の「デミオ」などで、国内約11万7400台が対象となる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT