マツダが「アクセラ」など230万台リコール

リアゲート不具合やエンジン制御などで

 9月1日、マツダは、世界で計約230万台をリコールすると明らかにした。リアゲートの不具合のほか、エンジンの制御プログラムに問題があるという。写真の車輪ロゴは4月撮影(2016年 ロイター/Dado Ruvic)

[東京 1日 ロイター] - マツダ<7261.T>は1日、世界で計約230万台をリコール(回収・無償修理)すると明らかにした。リアゲートの不具合のほか、エンジンの制御プログラムに問題があるという。

リアゲートに不具合があるのは2007―15年に生産された「アクセラ」「アテンザ」「CX-3」などで、国内で約39万5000台、海外で約180万台が対象。

また、エンジン不具合でリコールが実施されるのは14―16年生産の「デミオ」などで、国内約11万7400台が対象となる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT