最新!駅別「マンション資産価値」ランキング

首都圏と近畿圏の10年間平均データで分析

なお、株価の指標としてのPBRは倍率が1を下回ると割安となり、お買い得とみなされることもある。だが、マンションPBRが1を下回ると、購入時よりも高い価格では売れないことを示し、必ずしも「お買い得」とはいえない。逆に、1を上回っている状態とは、新規物件価格よりも中古価格のほうが高い状態を示す。マンションの資産価値という点では有利な状況といえるだろう。

では、首都圏のマンションPBRの状況について見ていく。東京カンテイによれば、2016年の首都圏平均マンションPBRは0.90だった。これは、過去10年間の中古マンションの平均流通価格が、過去10年間の新築マンションの平均流通価格の90%だったということを示す。新築マンションの高騰につられる形で中古マンション市場も上昇しているためだ。

とりわけJR山手線の内側や、湾岸エリア、城南・城西エリア、川崎・横浜エリアでは、マンションPBRが1を超えている。

2016年に首都圏でマンションPBRがもっとも高かった駅は、東京メトロ南北線・六本木一丁目の1.56である。10年間の新築マンション価格は1億0155万円(70平米換算、以下同)と高額だったが、10年間の中古マンション価格は1億5885万円と新築を大きく上回った。

新築から中古で4割下落するケースも

2位は京急本線・立会川の1.24だった。新築価格が4378万円だったのに対して、中古価格は5465万円だった。

3位は東京メトロ銀座線・外苑前、4位は都営地下鉄三田線・御成門と都心が続くが、5位に京王井の頭線・三鷹台、6位にJR根岸線・石川町がランクインしている。

一方、首都圏でマンションPBRが最も低かった駅は京成本線・ユーカリが丘の0.59だった。10年間の新築マンション価格の平均が3230万円だったのに対して、10年間の中古マンション価格の平均は1925万円だった。資産価値が約4割低下したことになる。2位は西武池袋線・飯能の0.63。新築価格3001万円に対して中古価格は1914万円だった。3位は東葉高速鉄道・八千代緑が丘の0.64。新築価格3275万円に対して中古価格は2127万円だった。

次ページ近畿圏で最もPBRの高い駅は?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT