親の住まい 子の住まい
長寿社会で住まいの選び方が変化している。親(リタイア世代)は安心して人生を終えられる「終の住処」を求め、子(現役世代)は都心と郊外、賃借と購入、戸建てとマンションといった選択を迫られている。実家をどうするかも家族の大問題だ。お盆の時期、「これからの住み替え」を家族でじっくり考えたい。
(本誌:山川清弘、風間直樹、長谷川 隆 データ編集:久野貴也)
トレンドライブラリーAD
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
東洋経済オンライン有料会員のご案内