武鑓 行雄(たけやり ゆきお) Yukio Takeyari
元ソニー・インディア・ソフトウェア・センター社長

慶應義塾大学工学部電気工学科卒業、大学院工学研究科修士課程修了。ソニー入社後、NEWSワークステーション、VAIO、ネットワークサービス、コンシューマーエレクトロニクス機器などのソフトウエア開発、設計、マネジメントに従事。途中、アメリカ・マサチューセッツ工科大学に「ソフトウェア・アーキテクチャ」をテーマに1年間留学。2008年10月、インド・バンガロールのソニー・インディア・ソフトウェア・センターに責任者として着任。約7年にわたる駐在後、2015年末に帰国し、ソニーを退社。帰国後もインドIT業界団体の日本委員会委員長として、インドIT業界と日本企業の連携を推進する活動を継続している。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT