武鑓 行雄(たけやり ゆきお) Yukio Takeyari
元ソニー・インディア・ソフトウェア・センター社長

慶應義塾大学工学部電気工学科卒業、大学院工学研究科修士課程修了。ソニー入社後、NEWSワークステーション、VAIO、ネットワークサービス、コンシューマーエレクトロニクス機器などのソフトウエア開発、設計、マネジメントに従事。途中、アメリカ・マサチューセッツ工科大学に「ソフトウェア・アーキテクチャ」をテーマに1年間留学。2008年10月、インド・バンガロールのソニー・インディア・ソフトウェア・センターに責任者として着任。約7年にわたる駐在後、2015年末に帰国し、ソニーを退社。帰国後もインドIT業界団体の日本委員会委員長として、インドIT業界と日本企業の連携を推進する活動を継続している。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT