ホリエモバイル、格安スマホが奇策に賭けた裏側 価格競争はもう限界、MVNOの斬新生き残り戦略

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5
拡大
縮小

ライブドア創業者の堀江貴文氏が通信事業へ参入する。仕掛け役である中堅MVNOのXモバイルは、著名人らとの共同企画ブランドを矢継ぎ早に投入。苦境に立つMVNOの新たなモデルの1つとなるか。

ホリエモバイルは、Xモバイルの木野将徳社長(左)が堀江貴文氏(右)を口説いて実現したという(写真:Xモバイル)

特集「格安スマホサバイバル」の他の記事を読む

「通信業界のLCCを目指していきたい」。3月9日、「HORIE MOBILE(ホリエモバイル)」の設立に関する記者会見に臨んだ堀江貴文氏はそう意気込んだ。

ホリエモバイルは、堀江氏とX-mobile(Xモバイル)との共同企画ブランドで、3月16日に発売される。Xモバイルは2013年に創業したMVNO(大手キャリアから通信回線を借り受けて、通信サービスを提供する事業者)だ。収益の一定割合を、Xモバイルから堀江氏へ支払う取り決めという。

“LCC(格安航空会社)”を謳うものの、ホリエモバイルは価格面で決して安いわけではない。20GB(ギガバイト)で月額税込3030円と、ドコモが2021年に始めたオンライン専用の新料金プラン「ahamo(アハモ)」(20GB月額税込2980円)など、大手キャリアのプランと比べても大差はない。

5~6月にも新ブランド立ち上げを企画

最大の“魅力”は、価格以外にある。第1に、オンラインだけでなく、全国に300超あるXモバイルの店舗でも、契約できたり、サポートが受けられたりする点だ。コスト削減のため、販売店を構えるMVNOがごく一部に限られる中、もともとXモバイルは全国の店舗網を強みに契約を伸ばしてきた。

第2に、堀江氏が提供する各種サービスで特典を受けられることだ。一例を挙げると、堀江氏が有料で提供しているニュース解説を無料で聴くことができるほか、同氏が運営するパンのチェーン店のカレーパン無料券をもらえる。

また、詳細は発売時に公表される予定だが、仮想通貨がたまるような特典も考えているという。Xモバイルの木野将徳社長は「単純計算すると、購入すれば月額1万円程度するものが3030円ですべてついてくる」とアピールする。

次ページ価格競争での成長は不可能
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内