瀕死の格安スマホ勢が「個性派プラン」で狙う復権 大手キャリアからの「挽回流入」勝ち取るMVNOも

印刷
A
A

起死回生をかけ、あの手この手で消費者へのアピールを続ける格安スマホ各社。法人需要の開拓やさらなる値下げなど、さまざまな道を模索する。

個人向けのみならず、「法人向けと両輪でMVNOのシェア拡大を進めていく」というインターネットイニシアティブ(IIJmioの販売イメージ)

特集「格安スマホサバイバル」の他の記事を読む

市場縮小で瀕死の格安スマホ(MVNO=仮想移動体通信事業者)から、起死回生をかけた「個性派プラン」が相次ぎ登場している。

「大手キャリア並みの通信品質で利用できる」「慈善団体に寄付ができる」「動画サービスが安くなる」など、あの手この手で特色に磨きをかける各社。キャリアから「流入」を勝ち取るケースも出始めている。

MVNOを携帯通信サービスの「第5の極」として、市場競争の促進策と位置付ける総務省の支援も追い風だ。

今後市場規模が激減するとの野村総研の推計も飛び出す中で(詳細は3月22日配信記事:格安スマホ、「7年で7割減」市場の壮絶生存バトル)、生き残りに向け、かすかな光明も差している。

通信品質向上でMNOから流入も

「NUROモバイル」を運営するソニーネットワークコミュニケーションズは、2021年11月から「NEOプラン」(20GB・月額2699円)の提供を始めた。

NTTドコモの「ahamo(アハモ)」をはじめ、MNO(大手キャリア)が肝いりで投入した「格安プラン」と真っ向からぶつかるデータ容量と価格帯だが、意外にも「MNOから流入してくる顧客がじわじわと増えている」(神山明己MVNO事業室長)というのだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内