マツダが「ドル箱」米国攻略で背負う重大課題 新型SUV販売好調も現地工場の人員確保で苦労

拡大
縮小

マツダは新型車をテコに収益柱のアメリカが業績回復を牽引する。ただ、アメリカでの一段の成長に向けては乗り越えるべき課題も多い。

マツダが北米向けに2022年に投入した新型SUVの「CX-50」。コロナ禍で落ち込んだ業績回復の牽引役となっている(写真:マツダ)

失地回復とはこのことを指すのだろう。2022年度第1四半期(4~6月期)にマツダは上海都市封鎖による部品供給難が響き、国内自動車メーカー中で唯一の営業赤字を計上したが、第2四半期(7~9月期)は生産台数が急回復。中間決算(4~9月期)の売上高は前年同期比10%増の1兆6425億円、営業利益は同39%増の552億円と大幅な改善となった。

「グループを挙げての取り組みが奏功して、第1四半期の赤字から迅速にリカバリーできた」(マツダの毛籠勝弘専務執行役員)

マツダは通期の業績予想を上方修正。売上高は1000億円増の3兆9000億円(前期比25%増)、営業利益は200億円増の1400億円(同34%増)に引き上げた。前期から続く原材料価格の高騰影響が1500億円あるが、コスト改善効果400億円と為替の円安メリット1100億円で相殺する。

通期の出荷台数は110万台を計画する。第1四半期の苦戦が響き期初の目標から8万台引き下げたが、前期に比べ10万9000台(11%)増えることが収益に貢献する。

アメリカで販売奨励金を抑制

台数増に加え、台当たりの収益性改善も効く。改善幅が大きいのが、マツダの世界販売の3割弱を占めるアメリカだ。アメリカでは半導体の逼迫が緩和しつつあるが、依然として新車の需要に生産が追い付いていない状況が続く。

次ページ北米に投入した新型SUV「CX-50」とは
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内