有料会員限定

Jリーグ、決算書でわかる「DAZNマネー」の存在感 収入源は協賛金など3本柱から成り立っている

✎ 1〜 ✎ 18 ✎ 19 ✎ 20 ✎ 21
拡大
縮小
リーグ2連覇中の川崎F。Jリーグ配分金が高水準だ(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

Jリーグは、所属するクラブチームと、それを束ねる運営組織である公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)とで、収入源も支出先も異なる。

Jリーグの収入源は、加盟クラブから支払われる会費、Jリーグ自体のスポンサーからの協賛金、そして放映権料が3本柱だ。

プロ野球とは異なり、放映権はクラブ単位ではなくJリーグが一括で販売している。かつては年間50億円前後だったが、2017年にDAZN(ダゾーン)が10年2100億円で独占放映権を獲得して以降、年間200億円近くに上る。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内