有料会員限定

Jリーグ、決算書でわかる「DAZNマネー」の存在感 収入源は協賛金など3本柱から成り立っている

印刷
A
A
リーグ2連覇中の川崎F。Jリーグ配分金が高水準だ(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

Jリーグは、所属するクラブチームと、それを束ねる運営組織である公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)とで、収入源も支出先も異なる。

Jリーグの収入源は、加盟クラブから支払われる会費、Jリーグ自体のスポンサーからの協賛金、そして放映権料が3本柱だ。

プロ野球とは異なり、放映権はクラブ単位ではなくJリーグが一括で販売している。かつては年間50億円前後だったが、2017年にDAZN(ダゾーン)が10年2100億円で独占放映権を獲得して以降、年間200億円近くに上る。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内