首相の座に就く岸田文雄氏はどんな人物なのか 慎重居士、リベラル派に問われる手腕

印刷
A
A
9月29日の自民党総裁選挙で第27代総裁に選出された岸田文雄氏(写真:JMPA)
2021年10月4日、第100代の首相に選出される岸田文雄衆院議員。岸田氏とはどんな考えを持った政治家なのか。
週刊東洋経済では2018年2月3日号の人物ルポ「ひと烈風録」で、当時、自民党政調会長だった岸田氏を6ページにわたって取り上げた。その記事を再構成してお届けする。

 

岸田文雄は祖父、父とも元衆議院議員で、安倍晋三元首相と同じ政治家3代目である。1957(昭和32)年7月に東京・渋谷区で通産官僚の父・岸田文武の長男に生まれた。

父の勤務の関係で小学校1~3年はニューヨークで暮らし、地元の公立学校に通った。帰国後、東京の永田町小、麹町中、開成高を経て早稲田大学法学部に進み、卒業後、日本長期信用銀行(現在の新生銀行の前身)に就職した。

30歳で退職する。衆議院議員だった文武の地元秘書となり、広島市に移住した。早大時代から40年以上の友人の岩屋毅(早大政経学部卒。衆議院議員)が述べる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内