ルネサス、3度の巨額買収 果敢な財務戦略の行方

印刷
A
A

6200億円かけアナログ半導体企業を買収。のれんが総資産の過半に。

半導体市場の活況を受けて、ルネサスの業績も拡大。工場の稼働率は高い

半導体大手のルネサスエレクトロニクスは8月31日、英半導体企業ダイアログ・セミコンダクターの買収を完了した。買収額は約6200億円と、2020年末におけるルネサスの総資産(約1兆6000億円)の約4割に当たる巨費を投じた。

ダイアログは、電力を制御し電力消費を効率化するためのアナログ半導体である電源IC(集積回路)に強く、米アップルの「iPhone」にも採用されている。9月1日の会見でルネサスのIoT・インフラ事業本部長のサイレシュ・チッティペディ常務は「インダストリアル分野(産業向け)を買収でさらに強化する」と狙いを語った。

近年、電源制御やタイミング制御を担うアナログ・パワー半導体の需要は、急速に増えている。もともと車載コンピューターなどに用いるロジック半導体に強かったルネサスは、同分野を買収によって強化してきた。17年にインターシル、19年にインテグレーテッド・デバイス・テクノロジー(IDT)と、米アナログ半導体2社をそれぞれ約3200億円、約7300億円で買収。日本、米国、欧州と世界中で足場を築いたことになる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内