有料会員限定

「大型上場予備軍」の沸騰度 市場が待望するベンチャー

✎ 1〜 ✎ 106 ✎ 107 ✎ 108 ✎ 109
拡大
縮小

過去の本誌特集に掲載した企業のうち、成長著しい5社の最新動向を追った。

一度に数十億円、場合によっては100億円を超える資金を調達するベンチャー企業も今や珍しくなくなった。企業評価額をぐんぐん伸ばし、ユニコーン(評価額10億ドル以上の未上場企業)となる企業も続々と生まれている。過去の本誌特集に掲載した企業も例外ではない。今後株式市場でも注目を集めるであろう「大型上場予備軍」の今を切り取る。

SmartHR|スマートHR

人事労務のクラウドソフトウェアを手がけるスマートHRは今年6月、約156億円の資金調達を発表し、推定評価額が約1700億円となった。2019年の資金調達時は同約307億円だったため、急騰ぶりが際立つ。

資金調達会見に登壇したスマートHRの宮田CEO(写真中央)

特集「すごいベンチャー100 2021年最新版」の他の記事を読む

スマートHRのソフトを使えば、従業員は雇用契約や年末調整などの労務手続きをスマートフォンやパソコンで完結できる。人事労務担当者は集まったデータを役所への電子申請にそのまま使える。

高い企業評価の背景には、過去1年でのサービスの急成長がある。SaaS企業の成長指標である「ARR」(年間経常収益、月額課金の収入を年換算した数値)は6月時点で45億円と、前年同期比で倍増。SaaSの上場企業と比べてもトップ10に入る規模だ。利用企業数は直近で4万社を超え、とくに従業員1000人以上の大企業の割合が3年前の約17%から今年5月時点で40%に拡大。一方で月次の解約率は0.4%と低い。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
すごいベンチャー100 2021年最新版
97|AI分析で効率的に記憶
98|画面越しの相手の感情を解析
99|教育コンテンツを配信
100|オンライン集金サービスを開発
93|協業促す人材検索ツール
94|社員紹介採用を支援
95|新入社員の定着化支援
96|チャットから満足度把握
国内最大手VCが説く 投資家との付き合い方
83|手術用医療機器データを集約
84|陽子線がん治療装置
85|不整脈の兆候をAIで解析
86|深部体温測定センサー
87|デジタルで口腔ケアを支援
88|聴覚サポートイヤホン
89|夜間・休日の救急往診
90|電子カルテを自動で入力
91|救急医療をDXで変革
92|個人のリハビリを自動提案
79|自動車整備士版ウーバー
80|EVファブレスメーカー
81|カーブ走行可能なロープウェーを開発
82|煩雑な配車計画作成を瞬時に
73|ドローンでインフラ点検
74|3D点群データソフト開発
75|建設用3Dプリンターを開発
76|建設用アプリを運営
77|オフィスの情報を透明化
78|家具家電付き短期賃貸の開拓者
68|大豆を使った代替肉の開発
69|酒かすを再利用してジンを製造
70|「食品ロス」商品を割安販売
71|遊休農地を貸し農園に再生
72|耕作放棄地の調査を効率化
66|香水の定期購入サービス
67|8割還元の美容師向けシェアサロン
54|共同購入による割引買い物アプリ
55|ギフト特化型のサイト運営
56|健康領域のD2Cブランド
57|家具のサブスクリプション
58|多機能なEC構築サービス
59|梱包材を安く手早く製造
60|アプリ起点のサラダ専門店
61|小型の自動型店舗を運営
62|飲食店向けのスマホ注文システム
63|食品や日用品が注文から30分以内に届く
64|在庫管理や発注を自動化
65|小売店の在庫リスクを肩代わり
49|遠隔操作ロボット
50|出荷の自動化を支援
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内