大和ハウス工業 異例人事の舞台裏 ゼネコン再編ののろしか?

印刷
A
A

ハウスメーカー最大手の大和ハウス工業へスーパーゼネコンの元社長が移籍する事態に、業界がざわついている。

「え、まさか」。5月14日、ハウスメーカー最大手、大和ハウス工業の本社(大阪市北区)にある会議室で、驚きの声が上がった。

同社の芳井敬一社長はこの日の役員会で、スーパーゼネコンである大成建設の村田誉之副会長(当時)を6月29日付で大和ハウスの取締役副社長・技術統括本部長として迎え入れると報告した。建築分野で豊富な経験を持つ「大物」の移籍の知らせに、出席した役員の多くが目を丸くした。

役員会の後、村田氏の副社長就任が公表されると、業界関係者は一斉にざわついた。「このようなトップ人事は聞いたことがない」(複数の業界関係者)。関係者が驚愕したのも無理はない。ゼネコンからハウスメーカーへの移籍は極めて異例だからだ。

大手ゼネコンは江戸時代や明治時代に創業した老舗企業が多く、道路や橋梁などで多くの建築実績や高い技術力を持つ。それに対して、大和ハウスの創業は戦後の1955年。扱う建築物件も、規模が比較的小さい住宅が中心だ。ゼネコン関係者はハウスメーカーを「格下」と見なしてきた。「かつては建築系の学生にとって、ハウスメーカーは成績の悪い人の就職先と見られていた。今は優秀な学生が数多く入っているが、いまだに格下と見ているゼネコン関係者は少なくない」(大手ゼネコンのベテラン社員)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内