有料会員限定

習近平と若者、共鳴する「自信」 7月1日、中国共産党100周年の祝賀大会が開かれた

✎ 1〜 ✎ 313 ✎ 314 ✎ 315 ✎ 最新
印刷
A
A

100周年を迎えた中国共産党。経済大国となった今、指導者も若者もナショナリズムに高揚する。

屋外で開かれた結党100周年の祝賀イベント。公称7万人の人々が参加し、大型スクリーンも設置された(AP/アフロ)

1対14億の一大政治劇だった。

去る7月1日、天安門広場で中国共産党100周年の祝賀大会が開かれた。習近平総書記は約1時間にわたり、ゆっくりとした口調で演説した。

そんなに長い間、偉い人の話を聞いていたら眠くなりそうだ。しかし広場に集まった公称7万人の観衆は、終盤に向かい徐々に興奮。話の合間に差し挟む拍手が少しずつ長くなった。内容にも歓声を上げ始め、演説は3回中断した。

人々の反応は作りものではなかった。演説の最後に習は「偉大で輝かしく正しい中国共産党に万歳! 偉大で輝かしく英雄的な中国人民に万歳!」と呼びかけガッツポーズ。すると、大画面でそれを見た観衆もガッツポーズで応じ、大学生とおぼしき数人が勢い余って立ち上がった。それにつられてほかの人々も一斉に起立した。共産党の赤い旗を振り、とどろくような大歓声を送った。

司会の李克強首相が、共産党歌「インターナショナル」の演奏で「一同起立」と呼びかけたときには、広場のほぼ全員がもう立ち上がっていた。人々は台本の想定以上に習に反応し、習に賛同の意を示したのである。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内